‪wazakaиa‬の独り言

作曲、ミックス、ギター等について思ったことを書いていきます

BFD3音作り攻略 2020年9月版

こんばんはwazakaиaです。

以前も書いたネタなのですが色々とアップデートされたのでまたやります。

 

ドラム音源BFD3と渡り合うために

まずBFDはいいスタジオといい機材を使いつつ適当にマイキングして録った音源だと思ってください(失礼)それとよく言われていることですが素材の味、すっぴんの音なので大胆に加工することが求められます。

 

ルーティング

パラアウト前提で話します。内部プラグインでもできないことはないけども面白みのない音になりがちなので。

f:id:wazakana0729:20200915221924p:plain

bleedはdirectにしています。被りの位相問題が面倒。

 

キックsubは使わなくても十分に低音出てるので切ってます。inとoutを合わせて一つのキックトラック。

 

スネアが曲者。mapexが好みで使ってたのですがトップのマイキングが微妙でスナッピーが入りすぎなんですよね。ハイをブーストするとジャリジャリうるさくなってしまう。

この問題の解決法はスナッピーオフのスネアを追加して混ぜます。

www.youtube.com

こんな音を目標に。

それプラスアタック用のスネアをお好みで。

 

スナッピーオンのトップ+スナッピーオフのトップ(+アタック用)を一つのトラック。

スナッピーオンのボトムをもう一つのトラック。

 

シンバル類はohやroomに送らずauxに送って独立させてます。

遠めのマイクを使ったほうが良さげ。

 

そしてdaw側で皮モノをバスにまとめます。

 

皮物

具体的にどうするかと言いますと、アナログの味付けができるプリアンプ系プラグインで歪ませます。よく使うのはフリーvstのkonsol

f:id:wazakana0729:20200915215928j:plain

vst4free.com

 

フェーダーバランスを整えた皮モノのバスをバリバリしないように歪ませます。これでまとまり、奥行き、迫力が出たはずです。

 

それを軽くコンプします。

f:id:wazakana0729:20200916003809j:plain

https://chirico-music.net/mjucjr/

おすすめ

time constantsをautoで軽く針が振れるくらいつぶします。

ただこれらのプラグインはバカ重いので注意

 

先にバスをいじるやり方はトップダウンアプローチというそうですね。

このほうが全体像が分かりやすくて個人的にやりやすいと思います。

 

オンマイクの各トラックはセオリー通りにやってください(丸投げ)

 

シンバル

金物は基本うるさい帯域を切ることと広がりをコントロールすることが大事です。

クラッシュは5kあたりをカット、ハイハットは15kあたりからローパスすると出方がそろうイメージです

 

アンビエンス系マイク

シンバルを拾わせてないので単純に皮物がどれくらい響くか、広がるかですね。

1176系コンプで歪ませるといい感じ。仕上げはステレオイメージャーでミッドとサイドの聞こえ方を調整。

 

まとめ

やっぱり素材の味音源なので味付けしなかったり、醤油のみで調味してもあまりよくならんですね(wavesは無味、内部プラグインは醤油のイメージ)

なので化学調味料のkonsolをうまく使ってBFDを共に攻略しましょー

高音質でギター宅録したい人のためのtips

高音質を求めるあまり部屋の模様替えをした‪wazakaиa‬です。

案外些細なことでも音は劣化するので一考の余地ありです。

 

有料編

ギター シールド オーディオインターフェイス USBケーブル

いいものを買って下さい(身も蓋もない)

安いものは音の奥行きがなかったり線が細かったりします。

私は7000円のUSBケーブルをポチりたい欲求に抗っている今日この頃です。

あとなるべくhi-z入力ではなくdiを通した方がいいと思います。

 

無料編

1.pcの電源ケーブルを延長コードや電源タップを使わずに直でコンセントに繋ぐ

電源の質はガチで大切らしいです。歪みの質が若干良くなりました。もっと分かりやすいのはスピーカーで、結構劇的に変わってます。

 

2.USBケーブルを挿すポートを変えてみる

usb2.0のオーディオインターフェイスusb3.0のポートに挿すと良くないらしいです。互換性があるといっても合わせるに越したことはないですね。

 

3.オーディオインターフェイスの置き場所を変える

個人的に驚いたのがこれです。試しにpcの上に置いた時と限界まで離して置いた時の音を比べてみて下さい。

完全に別物でした。

pcから発せられるノイズがUSBケーブルに流れる信号にダメージを与えてるそうですね。

アルミホイルをケーブルに巻くと音質が良くなるとの情報がネットの海を漂っていたので試してみましたが逆に劣化した気がしたので剥がしました。オーディオはオカルトと揶揄されるのも致し方なしといったところでしょうか。

 

ここからは個人的な考察です。

アナログ信号にノイズが入った場合は実音に影響はほぼなく、ノイズの音がプラスされる。

しかしデジタルの場合は0と1の情報がノイズで改竄され、ノイズそのものは鳴らないが実音が劣化する。さらに歪ませるほどに改竄部位も増幅されるためさらに耳障りな音になる。

 

本当にデジタルは厄介ですね。便利だけれども。

 

シールドの経年劣化を甘く見ていると後悔する話

どうもwazakaиa‬です。

 

突然ですがアンプ、エフェクター 、アンシミュのデモ音源と実機の音が違うと思ったことありませんか?

使ってるギターも弾いてる人も違うんだから違うのは当たり前ですが、私はこの事に悩み続けて早3年。

簡単に言えば気持ちいい音が出せないんです。

 

使ってる機材はフェンジャパストラト、カナレ、babyfaceで最小限の構成です。

どうにかならないかなと日々悩みながら偶然この動画を見たんですよ。

https://youtu.be/-1DYYJnP4Uw

カナレとモンスターケーブルってこんなにも違うのかと。

既に販売終了の商品だったので運良くヤフオクで出品されてた物を速攻ポチりました。

 

届いて速攻ギターとオーディオインターフェイスにぶち込んで鳴らしたわけですが…

 

もうね別のギター弾いてる気分

 

クリーンブースターで音質良くなりましたとかそういうレベルじゃない。ふくよかで心地いい。強い音も弱い音もしっかりとロスなくインターフェイスに送ってくれてるんだって分かる。歪ませると音の芯がはっきりしていて高音が暴れない。簡単に言うと解像度が桁違い。

 

偉そうに語ってますけど今まで所有していたシールドはアイバニーズ、カナレ、よくわからんメーカーのやつ、くらいなのでもっと好みのものもあるのかもしれませんが、確実に言えることは

 

シールドの試奏動画よりも我が家のカナレの音質は悪い。即ち劣化している

 

ということです。

確か高校生の時に買ったから4、5年前?

思い返せばライブやらなんやらで酷使してたしな…でも今まで接触が悪かったりしたこと一度もなかったんですよ。それ故カナレに絶大な信頼を寄せていたわけですが…

 

カナレの音が悪いと言いたいわけではないです。全ては好き嫌いの話ですからね。

ただ劣化したものを使うのは精神衛生上良くないことが分かりました。何やっても上手くいかない時ほど辛い時はないので。

 

シールド舐めてましたね。本当に。dtmやってるとどうしてもソフト側でなんとかしようとしがちかもね。一番重要なのはインターフェイスに入力される信号な訳で、そこに金かける価値は十分にあります。

次に試してみたいものはパッシブdiですかね。

peripheryのギタリストが使ってるらしい。

 

シールド劣化の判断基準として

・パッチケーブル一本で録音したものよりペラい音

・何もエフェクトをかけてない素の音が気持ち良くない

どちらかに当てはまったら劣化のサインかもしれません(個人の意見です)

 

何が言いたかったかというとモンスターケーブル最高

ベース音源を歪ませる前に…

一ヶ月ほど前にmodo bassなるものを手に入れてアゲアゲでベースを打ち込んでたわけですが、いざ音作りとなると何か物足りない…

 

物理モデリングだからサンプリング音源よりリアルにはならんよなーなんて諦めかけてたのですがふと気づきました。

 

もしかしてdiの音の時点で低音が出過ぎてる?

 

ベースをライン録音したことある人ならわかると思います。低音は結構ペラペラです。

低音マシマシな状態で生ベース用のアンシミュかけるものだから低音過多でブーミーな音になってたようですね。

 

良さそうな音作り方法としては、

①ラインで録音したようなペケペケ音をmodobassのアクティブeqで作る。

②その音をfxトラックに送ってお好きなプラグインで歪ませる。

③低音感は歪んだトラックで、ピッキングのアタック音やクリアさはdiのトラックでバランスを取る。

 

こうすることで理想の歪んだベースに近づけることができました。

eq、コンプなども後々解説するかもしれません。

アンシミュプラグインの掛け録りの良さを布教したい

皆さんはライン録音したギター、ベースをどのように歪ませてるでしょうか?

おそらく大半の方がオーディオトラックにアンプシミュレーターをインサートしていると思います。録音後も音作りを変更できる利点は大きいです。

 

だがちょっと待ってほしい。本当にそれでプラグインの真価を発揮できているでしょうか?(某新聞社風)

 

私はオーディオトラックではなくモノラルインプットのトラックにアンシミュを挿してます。

こうすると歪んだ音が録音されるわけです。後からゲインを下げたくても不可能。

 

ではなぜこんなことをしているかというと単純に音がいいと感じたからです。

 

これはpc等の環境に大きく左右され、個人差があると思われます。自分の環境ではオーディオトラックでアンシミュをかけるといかにもプラグインの歪だなといったギシギシ、ジリジリした音になります。特にハイゲインの音に影響大です。

 

他のメリットとしては、

・アンシミュを立ち上げる個数が減るのでpcの負荷が減る。

・一度決めた音作りを変更できないので逆にあれこれ悩む時間を減らせる。

等が挙げられます。

 

デジタルの音楽制作は音楽的な音質劣化を起こさないのでなるべくpcに負荷をかけない方が良い音になるのではないかと考えてます。

お金に余裕がある人はハイスペックpcを買いましょう。(金で解決できるのであればはそれが一番楽)

 

ギターダブリングに重要な要素

ロック作ってる人ならほぼ100%やってるであろうダブリング。

二回弾いてLRにパンを振ると音が広がって迫力が出るあれです。

トラックを複製、パン振りして一つのトラックにショートディレイをかけても広がりが出せますが、位相ズレの音は好みではないのでバックキングギターに関してはお勧めはしません。

 

本題に入りますが、dtm始めてからずっと悩んでました。

 

ダブリングすると音がボヤけることに。

 

eqしようがステレオイメージャーかけようがダサいミックスに聞こえる。

しかしめでたく本日解決しました。

 

「うまく弾けばボヤけない」

 

めちゃくちゃ単純なことですよね。

なんでこんな簡単なことに気付かなかったのかなと思ってしまいますが、今までボヤつきはミックス段階でどうにかすると思い込んでいたようで固定観念に囚われてました。

 

ピッチ、ダイナミクス、タイミングを極限まで合わせることができればより明瞭なギターにすることができそうです。

 

アレンジ、プレイ、ミックス、どこに問題があるのか見極めることが大切だと思った所存です。

 

ギターのパンニングをする前に設定すること

単刀直入に言います。

cubaseでは

プロジェクト→プロジェクト設定→パンニングのレベル補正

を均等パワーからマイナス○dBにしてみてください。

(ほかのdawではpan lawって設定らしいですね)

 

これだけでLRに振ったギターの音像がかなり綺麗になります。

センターがスッキリして聞こえるのですが何故かミッドサイドの比率は変わらないようです。

MS処理で悩むより断然効果ありました。

 

なんだろう、ようやくスタートラインに立てたようなそんな気持ちです。